Murata Kanji
村田 寛治
インキュベーター

村田 寛治(むらたかんじ)

96年生まれ。立命館大学経営学部卒業。青山学院大学大学院進学と同時に会計を用いた事業開発のコンサルティング実務を経験するために、2018年よりSEEDATAにインターンとして参画。2020年入社。

大学在学中にアカウンティング&ファイナンス視点を用いた経営戦略に興味を持ち、現在はインキュベーターとして事業開発を行い、参画後は通信会社の子会社設立における財務三表の作成、薬局チェーンの資金調達支援、電子機器メーカーの事業計画書作成から事業実装支援、飲料メーカーのアイディアから事業実装支援など事業開発を中心に従事。

21年よりSEEDATAと事業共創パートナーであるM&AならびにFAS提供を行う4M(フォーム)株式会社の代表取締役に就任。実証実験前の机上で作り込んだ事業計画を打破するために、クイックかつ法律/会計面からリスクを考慮した事業計画書の作成に注力している。

Kanji MURATA’s Speciality is…

  • 新規事業開発における5カ年財務三表の作成(主にPLとCF)
  • 資金調達に必要な事業計画書作成(財務三表含む)
  • EXIT戦略と株式譲渡M&A時の株式整理における資本政策の策定

Work Style Scope Vision

4M株式会社ではSEEDATAと協業してM&A仲介とFAS提供を行っています。
また、4Mでは自ら出資を行なった中小企業の事業再生にも注力しています。トップラインが伸びず、費用が増え赤字が続く企業、会計知識がなくバーンアウトしてしまう企業、事業承継問題を抱えている企業などに対して、私たちが1パートナーとして社内に入り込み、責任を持って事業再生/事業成長を行います。