Shota Masuoka
増岡 勝太
インキュベーター

増岡 勝太(ますおかしょうた)

96年生まれ。慶應義塾大学在学中に、インターンとしてSEEDATAに参画。新卒で転職エージェント企業へ入社し、媒体管理を通じた集客を担当。一人ひとりの転職者をご支援した経験から、意義のある事業を通じ、より大きなインパクトを社会に残したいと志し、事業開発に強いSEEDATAへ20年に入社。参画後は行動観察をもとにした新規サービス開発や、サービス連携まで視野に入れた新商品開発、新規ブランド開発など、領域を問わず幅広いPJに従事。新規ブランド開発では、顧客の声を基にしたマーケティングのDX施策検討やOEM業者の強みと掛け合わせた商品開発をゼロベースで実施。また社内での取り組みとして、チャットツールを活用した若者調査パネル事業の実証実験の運用や、色が生活者にもたらす影響を明らかにするためのトライブリサーチにも従事。

Shota Masuoka’s Speciality is…

  • 生活者の声を起点にしたインサイト / ジョブ分析
  • トライブのインサイトを起点にした未来洞察
  • 新規事業開発における実証実験計画策定

Work Style Scope Vision

現場・現物・現実を大切にした新規事業開発を推進していきます。企画・コンサルティングに終始するのではなく、オペレーションの策定と泥臭い運用まで含めて、世の中へ実装するところまでご支援させていただきます。