Archives

  • SEEDATAの2021年以降のミッションと体制変更に関するお知らせ

    SEEDATAは2021年4月以降のミッションが大きく代わります。 それにともない新体制となるため、日頃お世話になっているクライアントの皆さまに、この場を借りてご説明いたします。 2021年以降のSEEDATAの新体制につい...
  • 2021.07.19 | D2C

    モノ売りメーカーがモノを売り続けるために必要なサービスデザインの考え方

    近年、これまでモノ作りをメインでおこなってきた大手製造メーカーでも、サービス開発に取り組もうという動きが広がっています。 SEEDATAではすでに多くの企業のサービス開発に携わってきましたが、メーカーの方々かには、以下のようなサービス開発...
  • ※募集終了【イノベーションプランナー募集】副業でイノベーションプランニングの実務を行えるパートナー募集!

    本募集は定員に達したため、締め切らせていただきました。 ▼デザイン思考SaaSを目指すSDG株式会社のコアコンテンツ作成メンバーの募集! 2021年度より、SEEDATAコミュニティ(*1)から「世界中の誰もがイノベーション創出...
  • イノベーション実現の確度を高める新規事業開発スキーム

    前提として、多くの企業内での0→1の事業の立ち上げは、随分昔におこなわれたもので、その先の1→10、10→100のスケールを得意としている人のほうが圧倒的に多いものです。 そこで、買収や出資によって0→1のフェーズをショートカットした...
  • 2021.07.04 | D2C

    大手製造業がD2C、DNVBに取り組む際の課題を解決する考え方

    SEEDATAでは、これまで大手製造業がD2C、DNVBにチャレンジする必要性について解説してきました。 今後はプロダクトだけではなく、そこにサービスを不随させることにより、オンラインを通して顧客とつながりながら、ブランド、プロダクト...
  • 新規事業開発でジョイントベンチャーをおこなうべき理由

    今までの大企業の新規事業開発の戦略を大きく分類すると、自社でおこなう内製型と、スタートアップ投資、CVC、ジョインベンチャーなど外部とのコラボレーション型があり、どちらかに偏っていることが一般的でした。 これまでの大企業の事業開発戦略...
  • JV設立までのフロー

    JV実装に向けた全体スケジュールのステップは以下の4つです。 STEP1  設立合意 まず、どんなテーマや目的でJVを設立するのかといった事業計画の検討と収支計画を、法的な拘束力がない状態で合意します。 この段階で...
  • JVの成功事例と失敗事例

    まず、これまで多かったジョイントベンチャーの事例は、以下の2種類です。 ①海外事業推進のためJV 現地企業でなければ潜り抜けらない法規制があるため、まず現地企業とJVを作る ②複数社が集って大きなプラットフォームを作るためのJ...
  • 未来の買い物行動の兆しから考える新規事業アイデアのヒント

    SEEDATAでは2017年から2018年にかけて、フリマアプリでの売買を積極的に行うオンラインフリマー、ECとリアル店舗の購買を巧みに使い分けるフューチャーショッパー、クラウドファンディングサイトを頻度高く利用するクラウドファウンダー(そ...
  • ジョイントベンチャー(JV)とは

    ジョイントベンチャー(JV)とは ジョイントベンチャー(JV)は二社(もしくはそれ以上)で資金を出し、新会社を作ることを意味し、合弁会社とも呼ばれます。 お互いに不足している技術やノウハウを補完し合い、自社の強みを伸ばす...